アメリカのこの手の日本車の愛好家が激アツです

先日、偶然目にした下記の動画。アメリカはテキサスでハコスカGT-Rに乗っているスティーブさんがアメリカでのこの手の車の愛好家たちが集うイベント等を紹介しています。

このイベントの中に登場してくる車が激アツです。日本ではあまり見かけなくなったピカピカの240zが何台も連なる様相にアメリカの愛好家のアツい気持ちがひしひしと伝わってきます。

スティーブさんのハコスカも刺激的なペイントが施されていますが道行く人が眉をひそめることなく話しかけてくる姿に自由の国アメリカを感じます。

35GT-Rも少し登場しますがどうやらアメリカのJDM愛好家は旧車嗜好のファンも多いよう。ちなみにJDMとは、Japanese domestic marketの略で広義においては日本の走り屋が好むようなスポーツカーを日本仕様のパーツ等を用いてカスタムすることを指すようです。

こうして異国の愛好家の存在を知るだけでもなんだか嬉しいですね。

*